HOROSCOPE 2019.10.28 #horoscope

星のうた - 今月の星空(蠍座新月) -

蠍座新月期間:2019年10月28日〜11月26日

 

 

 みなさんこんにちは、くらげです。

 

 今月は蠍座の紹介をしていきたいと思います。

 蠍座は水・不動のエネルギーを持つ星座。相手の感情を深く理解したいという欲求を非常に強く持っています。相手が表に表現していることと裏で思っていることが違う時、それを即座に感じ取ってしまうので、自分の一途な想い方と同等に想い返してくれる人間がなかなかいないことに、半ば一方的に傷ついて壁を作ってしまうことも。蠍座は変容の星座とも呼ばれ、特定の相手(人間だけでなく学問や研究分野なども含む)に対して自分を明け渡し、相手を受け入れ、混ざり合ったのち新しく生まれ変わることができるのです。

 

 

 

 


hoshinouta_ohitsuziza牡羊座(
321日~419日)

 

 他人を頼みにしたり、相手の要望に合わせて動くことが今月は多くあるかもしれません。ただその結果が思いもよらなかったサプライズを巻き起こす可能性があります。自分の常識から外れているところへ着地したら、ある意味喜ばしいことです。自分の世界が未踏の領域へ拡大した証拠ですし、それは無意識的に望んでいること、なのかも。人との関わりに熱を帯びてくる時でもあり、それはちょっと危うい雰囲気をまとったものになりますから、続いてきた縁が終わりを迎える場面に立ち会うことも考えられます。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_oushiza牡牛座(
420日~520日)

 

 牡牛座のみなさんは、順次それぞれの生き方改革を推し進めているところだと思うのですが、今月はその進捗状況を誰かとのやり取りの中で確認できるようです。もう以前と同じように接することはできなくなっていると思います。相手が変わったことがその原因のように見えることでしょう。しかし、本当に変わったのは自分であり、相手はその鏡に過ぎません。満月頃の対話はまさに自分の心を他人に代弁されているように感じると思いますし、聞こえてくる言葉はみなさんの未来の可能性を告げるものになります。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_futagoza双子座(521日~621日)

 

 一般的に、具合が悪い時は病院に行くし、体調を整えたい時には体に優しい食べ物を心がけたりします。しかし今月の「調整」は、目に見えないところへのアプローチがおすすめ。例えば呼吸を整え瞑想をする、ヒーリングミュージックを聴く、思考のダイエットをするなどです。見える体と同じくらい、見えない体も好・不調がありますしその影響は小さくないので侮れません。こだわりを手放して、良い意味でぼーっとしてみてください。常に情報飛び交う双子座のみなさんにとってはある種トレーニングかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_kaniza蟹座(622日~722日)

 

 人をお世話することにはよく馴染んでいても、自分自身に愛情を注ぐことはつい忘れがちになっていませんか。今月はあえて空気を読まないで、ナルシストと言われたら本望、くらいの勢いで自分のアイデアや楽しみごとを実際に行動に移してみてください。基本的に人は自分の可能性を低く見積もり過ぎていると私は思っていますので、どんな未来でもあると思えばあるんだよということをぜひこの時期に体感してほしいです。家族とは不穏な空気になりやすい時ですが、ケンカはするべき時にしておくのが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_shishiza獅子座(723日~822日)

 

 社会と家庭って全く関係ないようで実は密接に繋がっていると、占星術をやっていると理解できるわけですが、今月のみなさんはまさにその2つの領域を行き来することになります。例えば転職に向けて家族と話がまとまるだとか、副業を始めて家での時間の使い方が変わる、といったようなことです。いきなりスムーズに状況が動き出すとは限らないので、ちょっと出だしつまずいたとしても悲しくならないでください。満月に向けて、みなさんが受け取るべきものは見えなくてもしっかりと準備されつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_otomeza乙女座(823日~922日)

 

 だんだんと秋めいてきて過ごしやすくなってきました。この季節にみなさんにぴったりのアクションは勉強することや旅すること、です。「この勉強やってもお金にならないだろうなあ」とか「旅行もインスタ映えはするかもしれないけど、何かの足しになるわけじゃなし…」と計算するのももちろん大事ですが、今は最初から諦めずに、ゴーサインがきたら乗っていく構えを常にしていてください。一歩踏み出してからでないと次の一歩がどう出るか分からないし、現実は想像を上回ることが多々あります。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_tenbinza天秤座(923日~1023日)

 

 今の時代って、お金の得方が多彩になってきているのを実感します。副業的なお仕事もたくさんありますし、増やすばかりでなく必要なことにしか使わないという選択をした場合の情報も容易に手に入れることができます。今月のみなさんはお金とか自分の所有物に関して注意を向けてみてください。無闇に「たくさん入ってこい!」よりも「自分にとってベストなバランスになるように」とゆったりしているほうがスムーズにいくと思います。満月頃には描いた状況が実現していっている様を目にすることができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_sasoriza蠍座(1024日~1121日)

 

 今月はお誕生月ですね!もうすでに何かが大きく動き出した、始まったという方も多くいらっしゃるでしょう。人生の歩み方について、これまでの自分の常識を塗り替えていくような方向へ舵を切るタイミングが今月何度か実感できると思います。自分が動けば周囲に影響が波及していくのは避けられませんが、満月頃はその関わる相手に対して自分の気持ちをしっかり伝えることができ、結果思い描いていた状況に自然となっていた、というような不思議な力の働きを感じることができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_iteza射手座(1122日~1221日)

 

 みなさんの星座の支配星である木星が、あとしばらくで山羊座へ移動します。この1年、自分が自分らしさを大切にしたままでこの社会にちゃんと存在する場があることを、様々なシーンで確認し、安心感を得た上での冒険ができたのではないかと思います。今月はボランティア活動をする、日頃モヤモヤ考えていることを文章化して整理する時間を持つ、家の掃除や生活習慣の見直しなどに取り組んでみてください。友人関係や所属しているサークルなどではアップダウンが激しいので冷静な視点を忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_yagiza山羊座(1222日~119日)

 

 今月は仕事もプライベートも忙しくなりそうです。仕事面では、月の前半はやる気の割に状況がついてこないことがあるかもしれませんが、満月を迎える頃になるとむしろこれまでの限界を軽々と超えていく、すごい勢いに後押しされて進んでいくでしょう。プライベートでは、友人との交流は積極的に持っていたいところ。新しい顔ぶれと何か一緒に創り上げていく体験もあるかもしれません。これからやるべきことが白紙状態になっている人は逆に好都合です。シンプルに本当にやりたいことを、やってください。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_mizugameza水瓶座(120日~218日)

 

 記憶を少しさかのぼって、今年が始まってしばらくの頃の状況を思い出してみてください。当時と全く同じ、何ひとつ変わっていないという人はまずいないでしょう。季節とともにしっかりと前進してきた事実に自信を持って、「今」の自分に出せる力を最大限に発揮してください。焦ったり急ぐ必要はありません。速さよりも深さを重視すると良い時期です。相手の出方をじっくりと観察しながら機を窺いましょう。色々な損得抜きで個人的に取り組んでいる勉強や習い事においてはブレイクスルーがありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_uoza魚座(219日~320日)

 

 この世界には見たことのないもの、聴いたことのない音、知らない情報が溢れています。今月は謎を謎のままにしておかないで、正しい回答を得て知識を広げていく作業を意識してみてください。私達は「知らないこと」には振り回される一方ですが、「知っていること」はコントロールを取ったり対策したりすることができます。満月に近づく頃には、みなさんが獲得するべきスキルや体験するべき事柄を自然と選び取れるような感じがあります。何をしていても人からは好意的に見られやすい時期ですので安心して取り組んで。

 

 

 

 

 

 

 

 

「星空の地図を君に」  公式サイト 

 

 こんにちは、西洋占星術師のくらげと申します。カルチャースタイルにて毎月の星占い「星のうた」を担当します。西洋占星術では「ホロスコープ」を使って占います。太陽系に浮かぶ惑星の配置を、ある瞬間に2次元に写し取ったものが「ホロスコープ」です。それは人々を導く「地図」であり、道のりを彩る「楽譜」です。

 

 私は邦楽ロックが大好きなのですが、音楽って実際に聞いていない瞬間でも自分の心の支えになっていたりしますよね。カルチャースタイルでの「星のうた」も、みなさんにとってそんな存在になってくれたらいいなあと思っています。宇宙のリズムとみなさんの中で鳴ってるリズムが実は共鳴していることを、日々の生活の中に一瞬でも感じていただけたら嬉しいです。

 

 そんな想いを込めて、「星のうた」では占い期間を「新月から次の新月まで」とし、月の満ち欠けリズムに完全に合わせています。いつものカレンダーとは違う時間の流れを、お楽しみください。

 

 

 

 

イラスト:ムツロマサコ

Bluebook

OTHER

RELATION

© Culture Style