MUSIC 2019.03.27 #jabup

CD発売 マリ・ユリエンス「27」

当時、話題となったアルバム「22」に続き、制作時の年齢「27」をタイトルにつけた、マリ・ユリエンス待望の新作(国内盤)

前作「22」がシシド・カフカさんにラジオで紹介され、ロングセラーとなったエストニアの歌姫マリ・ポキネンの待望の新作が登場!結婚後改名し、今作も制作時の年齢「27」 を冠につけた本作は、空間を情緒豊かに彩る大傑作です!

 

 

   

 

 

マリ・ユリエンスのコメント:

 

私が母親になった時、それまで知り得なかったいろんな新たな感情が湧きあがりました。私はもう子供ではないですが、それでも大人になった気がしませんでした。そして全てが変わったことを知ったのです。子供の頃はいつ終わって、いつ大人になるのか?このアルバムは「27」は、私の子供と家族、そして私の幼少時代に捧げられています!

 

 

   

 

 

アーティスト:Mari Jürjens(マリ・ユリエンス)

タイトル:27

発売日:2019.3.20(wed)

価格:¥2,300 + 税

発売元:PANAI / NATURE BLISS INC

 

曲目(試聴サイト):

1.Kaks Kõverat Puud

2.Keha 

3.Tuhat Elu

4.Kadakas Ja Neiu

5.Kuues Kevade

6.Lapsepõlve Valss

7.Nüüd Ja Igavesti

8.Enne Und

9.Koolilapse Töö

10. Kiigume

11. Viin Sind

12. Kummardus

13. Ei kiigu(国内盤ボーナストラック)

 

 

 

   

 

 

マリ・ユリエンス(aka マリ・ポキネン)

1988年生まれのバルト海に面した小国エストニアのタルトゥ出身の女性シンガー・ソングライター。物心ついたころから歌を歌い、音楽を作ってきたという彼女は、幼い頃にヴァイオリンの勉強や合唱団にいた経験もある。高校卒業後、エストニアのヴィルジャンディ文化科学院に入学し、演劇の勉強を始め、2011年からはエストニアの首都タリンの劇場で俳優として働いている。


2010年には当時22歳の彼女のファーストアルバム「22」が発売、のちにネイチャーブリスから国内盤化し日本でも人気をおさめる。2013 年にはセカンドアルバム「Maa saab taevani」を発表、その中の楽曲は映画「Kertu」にも使用された。その後2016年には結婚後改名し、Mari Jürjens(マリ・ユリエンス)としてアルバム「27」を発売、現在もエストニアを中心にライブ活動も行っている。

 

2019年 マリ・ユリエンス来日情報

Bluebook

OTHER

RELATION

© Culture Style