HOROSCOPE 2018.06.14 #horoscope

星のうた - 今月の星空(6月) -

双子座新月期間:2018年6月14日~7月12日

 こんにちは、西洋占星術師のくらげと申します。カルチャースタイルにて毎月の星占い「星のうた」を担当します。

 

 西洋占星術では「ホロスコープ」を使って占います。太陽系に浮かぶ惑星の配置を、ある瞬間に2次元に写し取ったものが「ホロスコープ」です。それは人々を導く「地図」であり、道のりを彩る「楽譜」です。

 

 私は邦楽ロックが大好きなのですが、音楽って実際に聞いていない瞬間でも自分の心の支えになっていたりしますよね。カルチャースタイルでの「星のうた」も、みなさんにとってそんな存在になってくれたらいいなあと思っています。宇宙のリズムとみなさんの中で鳴ってるリズムが実は共鳴していることを、日々の生活の中に一瞬でも感じていただけたら嬉しいです。

 

 そんな想いを込めて、「星のうた」では占い期間を「新月から次の新月まで」とし、月の満ち欠けリズムに完全に合わせています。いつものカレンダーとは違う時間の流れを、お楽しみください。

 

 

 

 

〜 今月の星空 〜 双子座新月12星座占い(2018年6月14日〜7月12日)

 

双子座新月から始まるこの一カ月。

 

今月の始まり、双子座新月では、私達の生命力を意志の力へと存分に注ぎ込むときです。そのあとまもなくで迎える夏至(6月21日)はエネルギーの流入ポイントとなり、自分が関わる集団無意識の中に一度どっぷり浸かることになります。

この時、ただ何となくその日をやり過ごすのではなく、自分の進路、方向性、形にしたいものをしっかりと意図してください。

双子座新月はそのための準備をさせてくれるはずです。

山羊座満月を迎える頃には目の前に道がすっと一本見えているでしょう。

 

 

 

 

 


hoshinouta_ohitsuziza
牡羊座(
321日~419日)

 

 今月の牡羊座さんは、意志を試されている、という感覚が強くある期間になりそうです。目まぐるしいほどいつもの自分らしくない状況に投げ出されるような雰囲気です。

 

 特に自分が今置かれている立場についてはあれこれと考えさせられることがありそう。壁の内側の世界と、壁の外側の世界。限界を作る事と、限界を超えていく事。

 

 そのどちらも経験して、もう一度境界線をどのラインに設定するか考える。そんな作業が実際の体験として発生しそうです。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_oushiza
牡牛座(
420日~520日)

 

 ゆっくり、しかし確実に、高みへ向かって歩みを進めようという意欲が感じられます。それは、気が付けばすっかり違う街に来ていたね、というくらい遠くへ繋がっている道のようです。

 

 人間関係も賑やかで、時間を共にする人々に恵まれ、自分から良いアイディアを提供して楽しい場を作っていけそうです。

 

 「鳥人間コンテスト」を想像してみてください。みんなで一生懸命作った飛行機。仲間たちは、君がパイロットとして乗りなよ、と促してくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_futagoza
双子座(
521日~621日)

 

 今月のハイライトは、やはり自身の星座で起こる新月時でしょう。お誕生月だったこともあり、改めて「自分を始める」雰囲気がとても強いです。

 

 例えば新学期が始まる時、教科書やノートをこれからも使うものと捨てるものに判別しますよね、あの感覚です。

 

 あなたが絶対に失いたくないものは何ですか? 逆にもう要らないものは? そして、一番に捨てるべきは「思い込み」。これは絶対に捨てられない、という気持ちは、真実でしょうか? 単なる惰性や癖ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_kaniza
蟹座(622日~722日)

 

 お誕生月を迎えられる蟹座さん。先月からもうすでに「この頃気分が良い」と感じておられるかもしれません。

 

 今月はちょっとずつ思考のたがを外していくことから始めてみてください。しっかりと地に足をつけて一本筋の通った言動ができるけれども、頭は柔らかく、枠に囚われない自由さも失わずにいられそうです。

 

 夏至の頃からはますます調子が上がり、普段よりもずっと深いところまで潜っていって、非日常的な景色をきっかけに自分の行動の限界を突破できそうです。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_shishiza
獅子座(
723日~822日)

 

 今月は獅子座さん自身がいつも以上にキラキラ輝く時期。

 

 そんなあなたを見ていると楽しい気持ちになるので、いろんな人から食事や遊びのオファーが来てスケジュールが埋まっていきそう。

 

 また、恋愛や仕事、結婚生活を舞台に人間関係がとっても深まる雰囲気。喧嘩するほど仲がいいと言いますが、相手が熱ければ熱いほど自分の魅力をもっと見せつけたくなるような、好きを深めるためのちょっかい、安全が担保されたコミュニケーション、が展開されそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_otomeza
乙女座(823日~922日)

 

 自分は生涯を通して何を表現していきたいのか。わざわざ危険に突っ込んでいってぐったりしたり、しかし不思議と再挑戦する意欲が湧いてきたりを繰り返しながら、時間をかけて定着させていく、乙女座さんのテーマのひとつです。

 

 まだ確信的でなかったとしても遠慮せず、未来に繋げていけそうな場所へ出かけて行って人と会うなり、情報収集しましょう。

 

 今後影響力の強い星たちが総力を上げてみなさんの人生に介入してきます。事あるごとに準備運動しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_tenbinza
天秤座(
923日~1023日)

 

 人の心、という掴みどころのない柔らかいものの繋がりを信じて行動するとき、いざ何があってもここに戻ってくれば絶対安全、という受け皿を用意しておきたくなります。

 

 またある時は人の絆は想像の壁を易易と超えていき、受ける皿のことなんて忘れるほどの深みまで達することもあります。

 

 今月天秤座さんは、そんな動きから自分だけ蚊帳の外とはいかないようです。自分がもともと得意な性質…客観的に人を見るというスタンスを危うくするような状況に放り込まれていきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_sasoriza
蠍座(1024日~1121日)

 

 表沙汰にし辛いイライラを伴うような出来事が増えてきていたり、家族のサポートをする案件が舞い込んだりして忙しくなっているかもしれません。

 

 それに加えて、蠍座さんがどちらかというと苦手としている、個人の堂々とした華やかさや独創性で世渡りすることを周囲から期待され、いつもと違う自分の魅力の発見がありながらも、慣れないので疲れてしまうことも。

 

 自分のステップアップにとって大切な分野の勉強に没頭したくなる時ですので、活用してください。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_iteza
射手座(
1122日~1221日)

 

 誰かあなたと関わりのある人が着々と本来やるべきことの方向へ進んでいて、それを見て射手座さんも一念発起する、というスタートになりそうな一ヶ月。

 

 まずはあまり重く考えず、ふらっと日帰り旅に出るような気軽さで、あちこち見識を深めてきてはいかがでしょう。心が明るく反応するものを見つけてください。

 

 これをしたらいつでも楽しい気持ちになる、元気が出る、というものを持っておくのは暗闇に足を引っ張られないようにテンションをキープするためにとても大切です。

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_yagiza
山羊座(
1222日~119日)

 

 一ヶ月を通して「相対する人たちが教えてくれること」がたくさんあるように思います。

 

 どんな都合よりも相手の気持ちを最優先に考えて、人が一生懸命話していることに対して聞く姿勢を持つことで、必要な情報はもたらされます。

 

 今月の満月は、山羊座で起こります。

 

 人生における選択肢をたくさん並べて迷っている時に、あの人の生き様を見ていたら自分はどんなふうに生きたらいいか分かった、やる気が復活した、というような救いの手に出会えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_mizugameza
水瓶座(
120日~218日)

 

 自分の内面にこそ大切なものがある水瓶座さんは、普段はそれをわざわざ人に見せつけて理解してもらおう、共感してもらおうとは思っていません。

 

 みなさんが信念を伝える時、お互いの物理的距離が近いか遠いかということも全く問題になりません。

 

 今月はそんなクールな魅力が一層ライブ感を伴って人を惹き付ける時なので、誰かから褒められたり一緒に出かける誘いを受けたりすることが増えそうです。他人と情で繋がるのも案外悪くないと思える機会になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_uoza
魚座(219日~320日)

 

 今月は好きな人に対して、とことん優しく世話を焼いてみる、というのはいかがでしょう。気持ちを汲んで一緒に泣いたり怒ったり、素直な言葉で褒めたり慰めたり。

 

 案外私達は、そんな母猫が子猫を全身全霊愛するような表現を受け取ることに飢えているのかも、と思います。

 

 絶対的安心感で相手を包み込むという作業、まず自分で自分に与えてあげることもお忘れなく。疲れている時は尚更です。

 

 誰かにしてあげたいことは、本当は自分にしてほしいことだったりしますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

「星空の地図を君に」  公式サイト 

 

イラスト:ムツロマサコ

Bluebook

OTHER

RELATION

© Culture Style