MUSIC 2018.05.09 #jabup

6月20日(水)発売!ブールヴァール・デ・ゼール「旅立ちの朝」

21世紀のエディット・ピアフこと、ZAZも絶賛したフランスでNo.1のライブバンド、待望の日本デビューアルバムをリリース!

ZAZがゲスト・ヴォーカルとして参加(4曲目)した、ブールヴァール・デ・ゼールの日本デビュー作でもある本アルバムは、フランスでダブル・プラチナに輝く大ヒットを記録し、フランスのグラミー賞に当たる「ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジック」でベスト・ライヴ・アクト賞を受賞!
ZAZ、ヴィアネなど多くのアーティストがリスペクトしている。

 

「私が個人的な感情を語るのは、グループを作ることを決して望まないからです。グループを作ってしまうと、多様な個人の考えや思いが時に一緒くたになってしまうし、ただ一つの声しか語ることが許されない事態も起こるからです」(リード・ヴォーカルのシルヴァン・デュトュ)

 

 

2018年6月20日発売 発売元:リスペクトレコード 定価¥2,600(本体価格)+税
日本盤独自/歌詞・対訳、解説付き/ボーナストラック4曲収録

 

 

ブールヴァール・デ・ゼール:アーティスト写真1

 

 

 

【アーティスト プロフィール】

 

オート・ピレネー県の県庁所在地タルブのマリー・キュリー高校の同級生のバンドからスタートした。メンバーはフローランとジャン=ノエルのダスク兄弟と、シルヴァン・デュテュとローラン・グルニエの4人で2004年にグループを結成した。

 

エネルギッシュなステージは結成当初から評判を呼び、2010年にはオランピア劇場でのコンサートを成功させる。2011年にリリースされたファースト・アルバムは、リリース後すぐにゴールド・ディスクを獲得し、フランスのグラミー賞「ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジック」の「ベスト・ライブ・アクト」賞を受賞する。

 

その後2013年リリースのセカンドアルバムを経て、サードアルバムリリース時のメンバーは、シルヴァン・デュトュ(ヴォーカル)、フローラン・ダスク(ヴォーカル・ギター)、ジャン=ノエル・ダスク(ギター)、ローラン・グルニエ(ベース)、マニュ・オルセ(トランペット)、ジャン=バプテスト・ラベ(トロンボーン)、ポゼロ・デル・カスティロ・イヴァン“グエヴォ”(ドラム・パーカッション)、ジェレミー・プラント(ピアノ)、メリッサ・ドーヤ(ヴォーカル・サキソフォン)の9名である。

 

日本デビューアルバムでもある最新作は、ダブル・プラチナに輝く大ヒット作になり、アルバムリリース後2年間で100ケ所を超えるツアーを行った。 バンドとしての表現と創作の自由を守る為、作詞、作曲、アレンジ、プロデュースなど全てをバンドのメンバー自身で行っている。2018年6月には初来日公演を行う。

 

 

アルバム内容や試聴など、更に詳しい情報は → Click here

MANUMAUGAIN

OTHER

RELATION

© Culture Style