HOROSCOPE 2019.12.26 #horoscope

星のうた - 今月の星空(山羊座新月) -

山羊座新月期間:2019年12月26日〜2020年1月24日

 

 

 みなさんこんにちは、くらげです。

 

 今月は山羊座の紹介をしていきます。
 山羊座は地・活動のエネルギーを持つ星座。一人ひとりが直面している各現実の中で、揺るぎなく単独で立てる場所を確立することを目指します。具体的に目に見える、手にできる形での成果を求めて野心を燃やし、脇目も振らず目標に向かってひたむきに歩み続ける性質を持ちます。権威やルールに忠実に従うことで自分が生きていく世界を規定するため、守りに入ると融通が利かないので、なかなか新しいものを取り入れることができない場合もあります。責任感や信頼感は12星座の中で最も優れていると言えるでしょう。

 

 

 

 


hoshinouta_ohitsuziza牡羊座(
321日~419日)

 

 この社会で、自分は何を求められているんだろう、どこで誰と一緒にやっていけばいいんだろう。そんな悩みの中に長くいた方が多くいらっしゃると思います。今月は、そのモヤモヤがクリアになっていく体験ができるでしょう。答えは既にみなさんの中にありました。それをうまく掬い上げてくれる人がやってくるのが、この時期だと思います。信頼できる味方を得てもっと自分を高めていこうという気持ちが湧いてきます。自分の可能性は無限であると信じて突き進んでください。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_oushiza牡牛座(
420日~520日)

 

 自分の信念の殻を破るのはなんと難しい作業かと、私はいつもそう感じます。なぜなら、自分の信念とは一人で創り上げたものではなく、社会通念であったり、親や先生の考え方、哲学や宗教観等が長年と積み重なって固められたものだからです。しかしみなさんは今その難しいところに着手しており、今月は明らかな課題としてそれに取り組むことになるでしょう。行動を起こすことによって新しい突破口を見つける可能性が大いにあります。親や家にまつわるお金の課題も浮上しやすいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_futagoza双子座(521日~621日)

 

 今月は、背負っているものが何なのか確認する作業をする気配です。背負っている、とは、社会や家族やパートナーから託されている、という意味です。近すぎて重すぎて直視したくない類も、その中にはたくさん含まれているのかもしれません。長年付き合ってきてもううんざりしているものもあるでしょう。今ならば、昔理解できなかった相手の気持ちを汲むことができたり、振りほどいた末に残った荷物の重要さに感謝するのだと思います。それは解放と呼んでも良い感覚であるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_kaniza蟹座(622日~722日)

 

 まるで自分の周囲の人たちが皆、現状から抜け出していっているように感じて焦っているかもしれません。しかしみなさん自身も、最早以前とは似ても似つかぬアイデンティティを身につけているはずです。そのことを認めて引き上げてくれる人が、これからきっと現れると思います。今月は誰かが教えてくれることには耳を傾けて。また自覚がないうちに働き過ぎていることもありそう。動きを止めなくても良いですが、限界ラインを超えないよう調節して楽しく年末年始を過ごしてください。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_shishiza獅子座(723日~822日)

 

 何年かかけて仕事の状況が変わってきた、という体験をしている獅子座の方は多いと思いますが、12月前後から一気に本格的に、日々の過ごし方が今まで経験のないパターンにシフトしてきているのではないかな、という雰囲気です。しばらくはまるで修行のように感じるかもしれません。しかしその経験が必ず何らかの恩恵となって返ってきますから頑張ってください。年明け早々は内省する場面も多くなると思いますが、自己否定する必要はありません。息抜きは思いっきり楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_otomeza乙女座(823日~922日)

 

 徹底的な自己主張を貫くことに成功した、と今月は感じることができる気配です。着地のスタイルこそ事前に思い描いていたものとは違っているかもしれませんが、それでも最難関を抜けてようやく安堵の時が来たという感覚になれそうです。満月頃には、現状に対してどういう未来を描いていくか、考えさせられる機会もありそう。家族に関わることは少し激しい動きがあるかもしれません。年末年始久しぶりに一族で顔を合わせる場合もあると思います。ケンカやトラブルには気をつけたいところです。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_tenbinza天秤座(923日~1023日)

 

 家族やルーツの問題は一番身近であり、自分の成り立ちとすっぱり切り離すことができないからこそ、人の悩みの上位をキープするのでしょう。今みなさんは、かなりの痛みを伴ったかもしれませんが、自分にとって大切な仲間とみなす範疇を再構築する作業に目処がついたところではないでしょうか。まだ状況は流動的で落ち着いてはいないと思いますが、そこばかりに気を取られず個人的な息抜きの時間も大切にして、元気を出していきましょう。積極的に外に出て色んな世界に触れられると良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_sasoriza蠍座(1024日~1121日)

 

 みなさんは、ここに至るまでに平坦ではない道のりを地道に歩いてきましたね。本当に自分はゴールに向かって進んでいるのか、不安になって足が止まりそうになったり引き返したくなったこともきっとあったのではないかと思います。しかしここ1か月ほどですごいスピード感で、なんだか面白そうな場所に辿り着いたのではないですか?そこはまだ最終到達地ではないのかもしれませんが、養分や水分が豊富にあり、みなさんの才能の枝葉を伸ばしていくことができる予感を十分感じられるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_iteza射手座(1122日~1221日)

 

 年明け早々から加速度的に人生が動いてきそうな気配です。日々を生きる上で、相手のペースに合わせる必要がある場合と自分のペースを守る場合、両方バランス良く必要だと思うのです。みなさんは自分のペース、つまり「自分であることへの価値」をずっと揺さぶられ続けてきて、落ち込んだり復活したりテンションが乱高下することもあったかと思います。今月は満を持してその課題に真っ向から取り組むことになるでしょう。収入や支出への執着から気が逸れることで道が見えてくるような体験があるかも。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_yagiza山羊座(1222日~119日)

 

 今月はお誕生月ですね!12月上旬ごろから急に物事がトントン拍子に進み始めた、と感じている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。木星の山羊座入りの影響で、みなさん個人と社会の歯車がうまくかみ合うようになってきたはずです。今月はあからさまに調子が上がって気分も上向きになりますし、ぐいぐい背中を押されて広いフィールドへ誘われるようなワクワク感を味わうこともできるでしょう。昔から好きだったのになぜ忘れていたんだろう、という趣味などが浮上してくる可能性も。

 

 

 

 

 

 

 


hoshinouta_mizugameza水瓶座(120日~218日)

 

 水瓶座のみなさんが取り組んできたことは、孤独との戦いでもあったと思います。誰かのためにじゃなく、自分の魂の求めに忠実であるために乗り越えてきた様々な、試練とも呼べるような厳しい日々を、今日までよく耐えてきました。
1か月という短い期間の中で、走馬灯のように今までの苦しい経験が脳裏を走る出来事があるかもしれませんが、今のみなさんなら「大丈夫、良い結末になる」という感覚をしっかり持って向き合えるでしょう。志を同じくする友人達との交流は大事にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

hoshinouta_uoza魚座(219日~320日)

 

 今月は友達との交流の仕方やグループ活動の内容に、今までと違う動きが発生しそうです。友達って損得勘定抜きにした付き合いだからこそ楽しく気軽だし、見返りなんてなくても仲間のためにできることはしてあげたいと思うものですが、魚座のみなさんはこのジャンル、わりとシビアに時間をかけて人選してきており、今回りにいるのは信頼できる精鋭たちなのではないでしょうか。その人間関係をベースに人脈が広がり、楽しくやっていることが仕事に繋がっていきそうな1か月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「星空の地図を君に」  公式サイト 

 

 こんにちは、西洋占星術師のくらげと申します。カルチャースタイルにて毎月の星占い「星のうた」を担当します。西洋占星術では「ホロスコープ」を使って占います。太陽系に浮かぶ惑星の配置を、ある瞬間に2次元に写し取ったものが「ホロスコープ」です。それは人々を導く「地図」であり、道のりを彩る「楽譜」です。

 

 私は邦楽ロックが大好きなのですが、音楽って実際に聞いていない瞬間でも自分の心の支えになっていたりしますよね。カルチャースタイルでの「星のうた」も、みなさんにとってそんな存在になってくれたらいいなあと思っています。宇宙のリズムとみなさんの中で鳴ってるリズムが実は共鳴していることを、日々の生活の中に一瞬でも感じていただけたら嬉しいです。

 

 そんな想いを込めて、「星のうた」では占い期間を「新月から次の新月まで」とし、月の満ち欠けリズムに完全に合わせています。いつものカレンダーとは違う時間の流れを、お楽しみください。

 

 

 

 

イラスト:ムツロマサコ

Bluebook

OTHER

RELATION

© Culture Style