ART 2019.11.11 #jabup

exhibition+3

宇久画廊とエウレカの共同企画展(一ノ宮佳邦、松尾雄一、床田明夫)

2018年福岡県・小郡カトリック教会での「へいわ・みえかた」展で床に置かれた彫刻(床田)にあたるステンドグラス(松尾)の光が、時間とともに変化していくのを撮影(一ノ宮)し、短い記録映像としてまとめました。

 

本展はそれから展開した宇久画廊とエウレカの共同企画展で、一ノ宮の絵画、床田の彫刻とその映像、松尾のガラス作品を展示します。

 

なお、タイトルの「+3」は3名の作家と「何か」との融合であり、キリスト教との関係も示します。

 

床田明夫

 

 

「exhibition+3」一ノ宮佳邦、松尾雄一、床田明夫

会期:2019年11月29日(金)~12月8日(日)

時間:12:00〜19:00

休み:12月2日(月)

会場:EUREKA エウレカ(〒810-0074 福岡市中央区大手門2-9-30-201 Tel / Fax 092-406-4555)

Mail
Facebook

Bluebook

OTHER

RELATION

© Culture Style